天気予報を見る
 
新聞購読申込

脳死肺移植、実施100例/岡山大病院が成功、女児に

2019/02/23 23:43

 岡山大病院
 岡山大病院

 岡山大病院は23日、同病院で100例目となる脳死肺移植を実施し成功したと発表した。生体肺移植を含めると190例目。

 患者は、肺が硬くなって縮んで働かなくなり呼吸困難などを来す特発性間質性肺炎の10歳未満の女児。肺は、低酸素性脳症で山形県内の病院に入院し、臓器移植法に基づく脳死と判定された6歳未満の女児から提供された。

 岡山大病院は、臓器移植医療センターの大藤剛宏教授を中心に肺移植を多数実施しており、国内有数の実績がある。

 大藤教授は「臓器提供数は伸び悩み、切望しながら亡くなっていく子供が多い中、今回の臓器提供者が子供だったことは大変意義深い」と説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.