天気予報を見る
 
新聞購読申込

血管形成タンパク質を特定/兵糧攻めでがん縮小

2019/02/22 17:31

 血管の管状構造を形成するタンパク質を特定したと、鳥取大の尾崎充彦准教授(腫瘍病理学)らのチームが22日、発表した。このタンパク質は「MTA1」で、がんを移植したマウスに、MTA1を作れなくする物質を投与すると、がんに栄養を供給する血管の形成が抑えられ、がんが小さくなったという。

 尾崎准教授は「兵糧攻めでがん細胞を死滅させる手法。血管は多くの種類のがんに必要で、より幅広いがんの治療に応用できる可能性がある」と期待する。

 チームによると、がんでは新たな血管が多数作られ、栄養や酸素を得て、がんが大きくなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.