天気予報を見る
 
新聞購読申込

4月から薬価に「費用対効果」/厚労省、最大15%引き下げ

2019/02/20 20:16

 厚生労働省は20日、高額な薬や医療機器の値段に「費用対効果」を反映させる新制度の内容を固めた。医療費が押し上げられているため、費用を抑制する狙い。4月から本格実施し、対象となった薬の価格は最大15%引き下げられる。初年度は10品目程度が対象になる見通し。

 厚労省が同日の中央社会保険医療協議会に骨子案を示し、了承された。

 新制度は、生活の質を維持した健康な状態で1年延命するための医薬品の費用を同じ病気に使う別の薬と比較し、価格に反映させる仕組み。

 海外の例なども参考に、1年間の延命に500万円以上かかる場合を対象とし、金額に応じて段階的に価格を引き下げる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.