天気予報を見る
 
新聞購読申込

iPS脊髄治療、世界初実施へ/慶応大計画、厚労省が了承

2019/02/18 13:33

 厚労省の専門部会に臨む岡野栄之慶応大教授(中央)ら=18日午前
 厚労省の専門部会に臨む岡野栄之慶応大教授(中央)ら=18日午前

 厚生労働省の専門部会は18日、慶応大が計画している人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脊髄損傷の患者を治療する臨床研究の実施を了承した。iPS細胞を使った脊髄損傷治療は世界初で、他の病気も含めると臨床応用が認められた再生医療は国内で5種類目となる。専門部会はiPS細胞から角膜を作り、目の病気の患者に移植する大阪大の計画も審議したが、結論は持ち越しになった。

 脊髄損傷の治療は、岡野栄之慶応大教授(再生医学)らが申請。スポーツ中のけがや交通事故で運動の機能や感覚を失った負傷後2〜4週の患者に、iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を注射で移植する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.