天気予報を見る
 
新聞購読申込

世界のはしか感染23万人/WHO、増加傾向に警告

2019/02/15 06:16

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)当局者は14日、ジュネーブで記者会見し、2018年の世界のはしか感染者数が少なくとも22万9千人に上り17年より倍増しそうだと発表、19年もこの傾向が続く可能性があると警告した。

 当局者は、感染が報告されない例も多いため、世界の感染者の実数は200万人以上と推計されると指摘した。

 WHOによると、17年の感染者数は約17万3千人。18年はまだ集計途中だが、欧州で流行したほか、マダガスカルでも大流行が報告されるなど、今後増えるのが確実だとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.