天気予報を見る
 
新聞購読申込

インフル集団感染1人死亡、京都/老人施設で26人発症

2019/01/22 10:28

 京都府南丹市の介護老人保健施設「シミズふないの里」は22日、入所者や職員計26人がインフルエンザに集団感染し、入所していた男性(83)が死亡したと明らかにした。

 施設によると、70〜90代の入所者14人と、20〜50代の職員12人がインフルエンザに感染。男性は19日に容体が急変し、20日に死亡した。他に重症者はおらず、全員快方に向かっているという。

 昨年12月、入所者約130人と職員約100人の全員が予防接種を受けていた。感染の拡大を防ぐため、施設は入所者と家族との面会を当面禁止するなどしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.