天気予報を見る
 
新聞購読申込

腹腔鏡手術の支援システム開発/AI生かし切除対象判別

2019/01/19 09:01

 大分大医学部を中心とする研究グループは、腹腔鏡を使った胆のう摘出手術で切除する器官や部位を見分けて映像に表示するシステムの開発を進めており、このほど検証実験に成功したと明らかにした。人工知能(AI)を活用しており、臨床現場で2年後の実用化を目指す。

 このシステムは、腹腔鏡を通じてモニターに映し出した体内の様子に、胆のう摘出時に切除する胆のう管とそれ以外の隣接器官を判別して指し示す四角形の囲いを、目印として重ねて示すもの。

 研究グループは、大分大と福岡工業大、光学機器大手オリンパスからなり、システムの特許を出願している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.