天気予報を見る
 
新聞購読申込

目的告げず性機能調査を実施/滋賀医大病院、患者ら指摘

2019/01/09 19:47

 滋賀医科大病院(大津市)の泌尿器科が、前立腺がんの治療を受けていた患者に対し、目的を説明しないまま性機能に関する調査を実施していたとして、患者や家族らが9日、事実確認や改善指導を厚生労働省と文部科学省に要請した。

 病院に開示請求すると、患者本人が記入した覚えがない調査票も出てきたという。調査対象になった患者は「デリケートな問題なのに、怒りを禁じ得ない」としている。

 患者側によると、調査は前立腺がん患者に「生活の質」を尋ねるもの。身体的、精神的な症状や家族との関係を問う他、「性生活に満足している」「勃起し、その状態を保つことができる」などの質問もある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.