天気予報を見る
 
新聞購読申込

悩める妊婦からSOS、200件/神戸、3カ月で

2018/12/15 16:21

 神戸市の「マナ助産院」が、思いがけない妊娠や出産に悩む母親向けの相談事業「小さないのちのドア」を9月に始めて3カ月が過ぎた。電話は200件近くに上り、来所も18件。院長は「開いて良かったと思うケースが多い」と振り返る。

 助産師らが24時間態勢で、電話や無料通信アプリLINE(ライン)、電子メールでの相談に応じている。助産院とは別に専用の玄関を設け、面談を希望する場合は人目を気にせず来所できる。悩み相談のほか、親が育てられない場合は支援施設につなぐ。

 永原郁子院長によると、開所した9月1日から11月末までにあった電話相談は194件、来所は18件。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.