天気予報を見る
 
新聞購読申込

WHO、ゲノム編集の専門委設置/倫理面など検討

2018/12/15 09:42

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は14日、人間のゲノム編集に関する科学や倫理、社会、法的な問題点を検討するため、専門家による委員会を設置すると発表した。中国の研究者がゲノム編集技術を使って子を誕生させたと主張し、国際的に批判されるなどこの技術への関心の高まりを受けた措置。

 多くの専門分野からトップクラスの専門家を集めたいとし、現在人選を進めているという。

 WHOのテドロス事務局長は今月初め、ゲノム編集の問題点の討議は「非常に慎重に行わねばならない」と表明していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.