天気予報を見る
 
新聞購読申込

薬価2年連続下げへ、厚労省方針/来年10月、政府内に前倒し論も

2018/11/14 19:31

 厚生労働省は14日、中央社会保険医療協議会(中医協)を開き、薬の公定価格である薬価を来年10月に引き下げる方針をまとめた。本年度に続き2年連続の下げとなり、医療費抑制につながる。前倒しして引き下げればその分効果が高くなるため、時期を巡っては政府内に異論がある。厚労省は今後、財務省と協議を本格化し、予算編成過程で最終的に決着させる。

 販売競争の影響で、薬の市場価格は薬価よりも低い。このため2年ごとに薬価を見直し、価格差を是正するのが原則だ。今年4月にも1・45%引き下げたが、来年の消費税率10%への増税に伴い臨時に改定する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.