天気予報を見る
 
新聞購読申込

米で手足まひの子どもが増加/原因不明、22州で確認

2018/10/17 08:18

 米疾病対策センター(CDC)本部(ロイター=共同)
 米疾病対策センター(CDC)本部(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は16日、手や足がまひする原因不明の症状を訴える子どもが国内で増加しており、今年は127人に上っていると発表した。このうちミネソタなど22州の62人は、手足の一部に急に力が入らなくなる脊髄炎の一種と診断されたという。

 ほとんどの子どもは回復しているが、定まった治療法はなく、後遺症など、長期的にどんな影響が出るか分からないとしている。CDCは症例を集計して原因を特定する方針。

 2014年と16年にもこうした子どもが100人以上見つかったが、今年は8月から急増。検査の結果、原因はポリオウイルスでないと判明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.