天気予報を見る
 
新聞購読申込

がんで死亡、世界で960万人/WHO、高齢化伴い急増

2018/09/12 23:01

 患者と死者が多い主ながん
 患者と死者が多い主ながん

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、2018年に世界で推計1810万人が新たにがんと診断され、死亡者も960万人に上るとの報告書を発表した。高齢化進展や途上国の人口増に伴い急増し「平均寿命が伸びる上で最大の障害になっている」と分析、予防と早期診断の普及が重要だとした。

 12年は新規患者1410万人、死亡820万人だった。地域別ではアジアが最も多く、新たながん患者の48・4%、死者の57・3%を占めた。がんは日本でも最多の死因となっている。

 報告書は、WHOの外部機関「国際がん研究機関」が185カ国のデータを基にまとめた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.