天気予報を見る
 
新聞購読申込

秋田でインフル集団感染2人死亡/80代男性と70代女性

2018/01/15 18:32

 秋田県由利本荘市のJA秋田厚生連由利組合総合病院は15日、入院患者11人と職員6人の計17人がインフルエンザに集団感染し、うち80代男性と70代女性の患者2人が死亡したと発表した。病院側は「直接の死因は元々の病気による全身の衰弱と考えているが、死期を早めた可能性は否定できない」としている。

 病院によると、他に入院患者1人が重症で治療を受けている。集団感染があったのは消化器系の患者らが入院する病棟で、4日から15日にかけて感染が次々と判明したため、病棟を閉鎖した。

 死亡した2人は昨年12月から入院中だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.