天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

高齢者の転倒事故防止呼び掛け/消費者庁、敬老の日を前に

2017/09/13 17:19

 高齢者の事故について注意を呼び掛ける消費者庁の岡村和美長官=13日午後、消費者庁
 高齢者の事故について注意を呼び掛ける消費者庁の岡村和美長官=13日午後、消費者庁

 消費者庁は13日、敬老の日を前に、高齢者の転倒や転落事故に注意を呼び掛けた。東京消防庁によると、2015年までの5年間に都内で転倒・転落した65歳以上の搬送者は計約25万人に上り、約4割が入院必要と診断された。高齢になるにつれて重傷化しやすい傾向もある。

 消費者庁の担当者は「長年暮らした環境でも、体の衰えで事故のリスクが高まる」と指摘している。自宅など身の回りにある段差にはスロープを設置するほか、暗い所に照明を増やすなどの対策を取るよう求めている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.