天気予報を見る
 
新聞購読申込

メタボ受診率、初の50%超/15年度、目標70%なお遠く

2017/07/30 17:24

 メタボ健診受診率の推移
 メタボ健診受診率の推移

 40〜74歳を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の2015年度の受診率が50・1%となり、08年度の開始以来、初めて50%を超えたことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。ただ、政府は生活習慣病の予防に向け受診率70%を目標に掲げており、達成にはなお遠い状況だ。

 メタボ健診の対象者は約5396万人で、このうち受診したのは約2706万人。受診率は前年度の48・6%から1・5ポイント増えた。公務員らが加入する共済組合では75・8%、大企業の社員ら向けの健康保険組合では73・9%と70%を超えた。

 一方で自営業や無職の人らが入る国民健康保険は36・3%。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.