天気予報を見る
 
新聞購読申込

6月の熱中症3481人/高齢者半数、消防庁まとめ

2017/07/24 16:04

 総務省消防庁は24日、熱中症により6月に全国で3481人が救急搬送されたと発表した。前年同月より77人少ない。ほぼ半数を65歳以上の高齢者が占めた。静岡県で1人が死亡した。

 昨年よりやや減ったのは、梅雨入りで天候の悪い地域があったほか、西日本は平年より気温が低かったためとみられる。 集計によると、3週間以上の入院が必要な重症は59人、短期の入院が必要となる中等症は1146人。発症場所は、庭を含む「自宅」が32・3%で最も多く、「道路」が15・1%、競技場や野外コンサート会場などの「公衆(屋外)」が13・3%だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.