天気予報を見る
 
新聞購読申込

エイズ死者、推計100万人/国連、ピーク時より半減

2017/07/20 17:50

 【ジュネーブ共同】国連合同エイズ計画(UNAIDS)は20日、2016年のエイズに関連した死者は推計100万人で、ピークだった05年に比べ、ほぼ半減したと発表した。抗ウイルス薬による治療が世界的に普及したのが最大の要因。

 抗ウイルス薬の治療を受けた患者は16年には推計1950万人に達した。UNAIDSは「20年までに3千万人に治療を施すとの目標達成が軌道に乗りつつある」と強調した。

 国連は30年までにエイズの流行を終わらせるとの計画を掲げ、全患者に抗ウイルス薬の治療を行うことを目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.