天気予報を見る
 
新聞購読申込

精神科病院で拘束後死亡、神奈川/NZ男性遺族「非人道的」

2017/07/19 20:02

 記者会見する母親のマーサさん=19日午後、東京都内
 記者会見する母親のマーサさん=19日午後、東京都内

 神奈川県大和市の精神科病院に措置入院中だったニュージーランド人の男性、ケリー・サベジさん=当時(27)=が今年5月、10日間身体を拘束された後に死亡したとして、遺族が19日、都内で記者会見し、「非人道的」と拘束の不当性を訴えた。

 精神保健福祉法は、患者が自らを傷つける恐れがある場合に、ベッドに手足をくくりつける措置を認めているが、日本では海外に比べ、頻繁かつ長期間行われているとして、人権侵害との指摘も出ている。

 サベジさんの兄(32)は「拘束する必要はなかった」と主張。

 病院側は取材に対し「代理人の弁護士を通してほしい」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.