天気予報を見る
 
新聞購読申込

受精卵ゲノム編集で専門家が提言/医療応用に法規制検討を

2017/07/10 20:16

 日本学術会議の専門家委員会は10日、遺伝子を効率的に改変できるゲノム編集技術を人の受精卵や精子、卵子に使う医療について、法律での禁止を検討するべきだとの提言を大筋でまとめた。

 この技術は、病気に関わる遺伝子変異を受精卵の段階で修復し、生まれる子の発症を防ぐなどの使い方が考えられる。

 だが提言では、利益や危険性に関する理解が深まり、社会として受け入れる機運が高まってから行うのが適切だと指摘。当面は国の指針で禁止すべきだが、実効性が疑われる場合は、法規制も選択肢になるとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.