天気予報を見る
 
新聞購読申込

AIで大腸がん見逃し防ぐ/内視鏡検査を支援

2017/07/10 12:14

 国立がん研究センターとNECは10日、大腸の内視鏡検査中に、がんや、がんの前段階のポリープを自動的に検知して医師に伝え、診断を助ける人工知能(AI)システムを開発したと発表した。見逃しを防ぐことで、大腸がんによる死亡が減らせると期待される。

 内視鏡で得られた画像に異常があるとAIが判定すると、警告音を鳴らした上で、モニター上でその場所を囲んで示し、医師に知らせる仕組み。

 早期の大腸がんやポリープの患者の画像約5千例をディープラーニング(深層学習)という手法でAIに学習させた後、さらに約5千例を見せて判定させたところ、異常な部位の98%を発見できた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.