天気予報を見る
 
新聞購読申込

無痛分娩の実態把握要請/神戸の医療事故で出産女性の夫

2017/07/05 17:07

 神戸市の産婦人科医院で15年9月、麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」により出産した女性と生まれた男児が重い障害を負った問題で、夫(32)は5日、厚生労働省や日本産婦人科医会などに、無痛分娩が原因と疑われる医療事故の実態調査などを求める要望書を出したことを明らかにした。

 女性は医療事故で脳に重い障害を負い、意識を取り戻さないまま今年5月に死亡。男児も意識がないまま入院が続いている。

 夫は要望書で「子どもが生まれてからの日々を想像し夢を語り合ってきたが、全てが失われた。私ができることはリスクを伝え、二度と事故が起こらないようお願いするだけだ」と心境を説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.