天気予報を見る
 
新聞購読申込

肺移植の女児退院、岡山大/国内最年少

2017/07/03 20:22

 広島県内の病院で脳死判定された6歳未満の男児から両肺の提供を受け、岡山大病院で5月に移植手術を受けた女児(1)が3日、退院した。

 病院によると、生体間を含め、国内最年少患者への肺移植。執刀した臓器移植医療センターの大藤剛宏教授によると、入院中、経過は順調で人工呼吸器も術後4日で外れ、食欲も旺盛だった。

 女児は肺の血管が細くなり、心臓から肺に送る血液の圧が上がる肺高血圧症で、生後間もなく呼吸状態が悪化し、九州大病院の集中治療室に入っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.