天気予報を見る
 
新聞購読申込

神経に巻き修復、布状の素材開発/手足のしびれ治療目指す

2017/02/27 19:26

 神経修復用の布状新素材による治療イメージ。指先で示した傷ついた神経に直接巻いて使用する
 神経修復用の布状新素材による治療イメージ。指先で示した傷ついた神経に直接巻いて使用する

 物質・材料研究機構(茨城県つくば市)と大阪大のチームは27日、傷ついた末梢神経に直接巻いて、手足のしびれや痛みを治す布状の新素材を開発したと発表した。神経の再生に効果があるビタミンB12を放出し、神経の修復後は自然に分解するという。

 手のひらの付け根付近の神経が圧迫され、手指にしびれを感じる手根管症候群などの治療で実用化を目指す。

 チームは、材料となるプラスチックの構造を工夫し、直径が髪の毛の約千分の1に当たる数百ナノメートル(ナノは10億分の1)の細い繊維を作製。ビタミンB12を含む、神経に巻けるほど柔らかいメッシュを作った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.