天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロタウイルスの人工合成に成功/ワクチン開発期待、大阪大

2017/02/27 05:55

 乳幼児に下痢や嘔吐、発熱を引き起こすロタウイルスの人工合成に初めて成功したと、大阪大の小林剛准教授(ウイルス学)のチームが27日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。藤田保健衛生大(愛知県豊明市)との共同研究。

 遺伝子を改変して、増殖しにくいロタウイルスの作製にも成功しており、新たなワクチン開発につながる可能性がある。

 ロタウイルスは強い感染力を持ち、5歳までのほぼ全ての子供が感染するとされる。重症化すると死亡するケースもあり、病原性が低下したウイルスを投与して免疫反応を誘導するワクチンは既に普及している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.