天気予報を見る
 
新聞購読申込

まつげのエクステ接着剤に注意を/付け爪も、皮膚炎の恐れ

2017/02/22 06:28

 人工のまつげを付け足す「エクステンション」や「付け爪」で使う市販の接着剤の一部から、皮膚炎などの原因となる化学物質のホルムアルデヒドが検出されたとして、東京都が注意を呼び掛ける。若い女性に人気だが、都は「業務用や海外製品をインターネットなどで手軽に入手できるようになった。知識がないまま自己流で施術すると、障害を起こす恐れもある」としている。

 都によると、接着剤から検出されるホルムアルデヒドの量などを規制する法律は「付けまつげ」用にはあるが、エクステや付け爪用にはない。体に付ける接着剤全般では、成分表示への法規制もないという。都はそうした法規制を国に要請。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.