天気予報を見る
 
新聞購読申込

「カナダ水俣病」被害訴え/先住民3人、熊本で

2017/02/18 19:30

 カナダ水俣病の被害を訴えるサイモン・フォビスターさん=18日午後、熊本市
 カナダ水俣病の被害を訴えるサイモン・フォビスターさん=18日午後、熊本市

 カナダ・オンタリオ州の製紙工場が1960年代に河川に流した排水に水銀が含まれ、水俣病と同じ神経障害の症状が出た先住民3人が18日、熊本市の熊本学園大で講演した。「行政の補償は不十分で、汚染も放置されたままだ」と被害対策の不十分さを訴えた。

 2014年に現地調査した熊本学園大水俣学研究センターが企画。花田昌宣教授によると、住民の大多数に当たる3千人近くが健康被害を受けた可能性があり、一定の症状がある住民には政府機関などで構成する「水銀障害委員会」が補償金を支払うが、受給は住民の2割程度にとどまる。カナダ政府は「カナダ水俣病」の存在を公式に認めていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.