天気予報を見る
 
新聞購読申込

インフル流行、ピーク越え/46都道府県で患者減少

2017/02/17 17:56

 厚生労働省は17日、全国約5千の定点医療機関から12日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり28・57人で、前週の38・14人から減少したと発表した。今シーズンで最も多かった前々週(39・41人)から2週連続で減り、全国的に流行のピークを越えたとみられる。

 秋田県以外の46都道府県で前週より患者数が減少した。厚労省は「流行中に変わりないので、引き続き手洗いや、せきエチケットなどの感染対策を」と呼び掛けている。

 1週間に医療機関を受診した全国患者数は推定約151万人。都道府県別で1医療機関当たりの報告最多は高知の41・63人。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.