天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゲノム特許争い、MITなど勝利/編集技術巡り米当局

2017/02/17 09:53

 【ワシントン共同】遺伝情報を持つDNAを自在に書き換えられる「ゲノム編集」技術を巡り、米特許商標庁は16日までに、マサチューセッツ工科大(MIT)とハーバード大が共同で設立したブロード研究所が特許権を持つとの決定を出した。

 ブロード研の特許はいったん認められていたが、基本的な仕組みを開発したカリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授らが先に論文を発表、特許を申請したとして争っていた。米メディアによると、ダウドナ氏側は連邦高裁へ上訴する構え。

 問題となったのは、ゲノム編集で最も普及している「クリスパー・キャス9」という手法。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.