天気予報を見る
 
新聞購読申込

自食作用低下で肥大型心筋症に/細胞に古いタンパク質蓄積

2017/02/15 16:53

 細胞内の不要なタンパク質を分解するオートファジー(自食作用)で重要な働きをする酵素の減少が、肥大型心筋症の原因になるという研究結果を、秋田大医学部の佐々木雄彦教授と木村洋貴特任助教らのチームが15日までに米専門誌に発表した。

 ノーベル医学生理学賞を昨年受賞した大隅良典・東京工業大栄誉教授が解明したオートファジーが、よく見られる心臓病にも深く関わっていることが判明した。

 肥大型心筋症は500〜千人に1人が発症する難病で、心臓の筋肉が厚くなって収縮力が低下し、突然死を起こすこともある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.