天気予報を見る
 
新聞購読申込

介護施設のロボ実証実験、福島/洗濯物を運搬

2017/02/13 18:41

 特別養護老人ホームでタオルを運ぶロボット=13日午後、福島県南相馬市
 特別養護老人ホームでタオルを運ぶロボット=13日午後、福島県南相馬市

 福島県南相馬市の特別養護老人ホームで13日、洗濯物を運ぶ介護ロボットの実証実験が公開された。同市は東京電力福島第1原発事故後、介護の担い手不足に悩んでおり、今後、施設内の巡回や受け付け業務の実験も予定されている。

 ロボットは東京都のベンチャー企業が開発。遠隔操作で動き、最大100キロの荷物を運ぶことができる。実験では洗濯室から施設利用者の部屋までタオルを運び、帰りに洗濯物を受け取って戻った。

 年内の量産化が目標。開発に携わった浅野滋さん(27)は「介護職員の作業負担を軽減できれば、職員が利用者とのコミュニケーションにより時間を割けるようになる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.