天気予報を見る
 
新聞購読申込

聖マリアンナ、臨床研究6件不備/神経精神科

2017/02/13 17:23

 聖マリアンナ医大病院(川崎市)の神経精神科で、患者を対象とする6件の臨床研究に計画の手順を守らないなどの問題が新たに見つかったことが13日、同大学への取材で分かった。

 同大学は研究の中止を勧告し、関わった准教授を処分する。神経精神科では昨年も臨床研究での不適切な運用が1件発覚しており、不備が認定された研究は計7件になった。

 6件の研究を進めたのは准教授ら計3人。患者を無作為に分けて2種類の薬を投与する計画だったが、片方の薬だけを先行して投与し、計画通りに研究を進めなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.