天気予報を見る
 
新聞購読申込

15年、世界のがん死880万人/世界保健機関「早期診断重要」

2017/02/10 10:49

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は9日までに、2015年に全世界でがんにより880万人が亡くなり、大半はがん医療の不十分な中・低所得国に集中していると発表した。

 死者数減少のためにはがんの早期診断の普及が重要だとした。早期診断による治療効果は乳がん、子宮頸がん、大腸がんで顕著だとしている。

 WHOは、がん患者の医療費や労働できないことによる経済的損失は全世界で10年に推計1兆1600億ドル(約131兆円)に上ると分析。

 また、世界で毎年1400万人以上ががんと診断されていると指摘、このペースが続けば30年までに2100万人を超えると予想している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.