天気予報を見る
 
新聞購読申込

肝がん高リスクの遺伝子特定/C型肝炎患者、治療後発症

2017/02/08 17:15

 「TLL1」という遺伝子に変異があると、C型肝炎の治療後に肝臓がんになるリスクが2・37倍になることを、名古屋市立大や東京大などの研究チームが8日までに突き止め、米学会誌電子版に発表した。リスクの高い患者を絞り込んで、がんの早期発見や治療につながると期待される。

 C型肝炎はC型肝炎ウイルスの感染によって発症し、悪化すると肝硬変や肝臓がんになる。チームによると、国内には150万人の患者がいるとされ、薬剤でウイルスを取り除く治療後も、一部の人はがんになることが知られていた。

 チームは治療後にがんになった253人を含む患者942人の遺伝子を解析した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.