天気予報を見る
 
新聞購読申込

慈恵医大、複数チェック体制へ/肺がん疑い報告書を1年放置

2017/02/01 20:34

 東京慈恵会医大病院で肺がんの疑いがあると指摘された画像診断報告書が約1年間放置された問題で、病院は1日、医師らの間で確実に情報を共有するため、画像診断部から担当医に直接口頭で連絡することや、検査結果を複数でチェックする体制の構築などの再発防止策を明らかにした。

 件数や詳細は不明だが、慈恵医大病院は過去にも同様の見落とし事例があったと説明。2013〜15年に画像診断部の医師が「早急な対応が必要」と判断した場合、担当医らに直接口頭で結果を伝える仕組みを導入し、画像診断を依頼した医師が報告書を確認したかどうかチェックする電子システムも取り入れていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.