天気予報を見る
 
新聞購読申込

WHO、ジカ熱で緊急委開催へ/2月1日、中南米中心に拡大中

2016/01/28 22:20

 27日、中米エルサルバドルの首都サンサルバドルで、ジカ熱予防のため消毒する行政職員(ロイター=共同)
 27日、中米エルサルバドルの首都サンサルバドルで、ジカ熱予防のため消毒する行政職員(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は28日、ブラジルなど中南米を中心に感染が拡大しているジカ熱に関する初の緊急委員会を2月1日にジュネーブで開くと発表した。感染状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを検討する。

 ジュネーブで28日に開かれたジカ熱に関する特別会合で、チャン氏は「感染は爆発的に拡大しており、警戒レベルは非常に高い」と述べ、各国に一層の対策を促した。

 WHOは、西アフリカでエボラ出血熱が流行した際に対応が遅すぎると批判を受けており、早期の流行終息に向け指導力を示したい考えだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.