天気予報を見る
 
新聞購読申込

ジカ熱阻止へ蚊駆除/ブラジルのカーニバル会場

2016/01/27 06:45

 26日、リオデジャネイロのカーニバル会場で蚊の駆除作業を行う市の係員(リオ市提供・共同)
 26日、リオデジャネイロのカーニバル会場で蚊の駆除作業を行う市の係員(リオ市提供・共同)

 【リオデジャネイロ共同】知的障害を伴うこともある「小頭症」の原因と指摘されている感染症ジカ熱が拡大しているブラジルのリオデジャネイロのカーニバル施設で26日、ウイルスを媒介する蚊の駆除作業が行われた。

 リオ市当局はカーニバルが始まる2月5日からの10日間に102万6千人の観光客がリオを訪れると見込む。真夏のため蚊による感染拡大が懸念され、市当局は期間中、駆除作業の回数を増やして拡大阻止に全力を挙げる。

 ジカ熱に予防薬や特効薬はない。ブラジルでは小頭症が急増し、保健省によると昨年10月からことし1月中旬までに約3900件の報告があった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.