天気予報を見る
 
新聞購読申込

体内にガーゼ20年以上放置/愛媛、骨折手術の止血用

2016/01/23 12:56

 患者の体内にガーゼが20年以上放置されていたことについて、記者会見で謝罪する済生会今治病院の松野剛院長(右)ら=23日午前、松山市
 患者の体内にガーゼが20年以上放置されていたことについて、記者会見で謝罪する済生会今治病院の松野剛院長(右)ら=23日午前、松山市

 済生会今治病院(愛媛県今治市)と愛媛大病院(愛媛県東温市)で1991年と92年に手術をした愛媛県内在住の40代男性の右太ももから、止血用のガーゼが20年以上放置された状態で見つかり、2014年10月に摘出手術を受けていたことが23日、分かった。両病院が記者会見して明らかにした。

 両病院によると、男性は右の太ももを骨折して手術を受けた。ガーゼは体の組織と癒着して卵ほどの大きさに丸まった状態となり、この影響で通常の3分の2ほどに細くなった部分の骨が14年に転倒した際に再び折れ、放置が判明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.