天気予報を見る
 
新聞購読申込

加齢高血圧の原因物質特定/降圧剤開発に期待、生理研

2016/01/21 06:13

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームがマウスを使って実験し、加齢に伴ってタンパク質の一種「P2Y6R」が増えることが、高齢者の高血圧を招く一因になるとの研究結果をまとめた。21日までに米科学誌電子版に発表した。

 チームによると、日本の高齢者の半数は高血圧とされ、心臓病や脳卒中、心不全のリスクを抱える。西村明幸特任助教(生化学)は「P2Y6Rの働きを抑える新たな降圧剤の開発につながる」と話している。

 体内では「アンジオテンシン2」というホルモンが必要に応じ血管を収縮させ、血圧を上げる調整役を担っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.