天気予報を見る
 
新聞購読申込

先進医療、平均患者負担73万円/年間総額205億円 厚労省集計

2016/01/19 17:17

 国の「先進医療」に指定された治療法や薬剤を利用した患者は、2014年7月〜15年6月の1年間で2万8153人、患者の負担は計約205億円だったことが、厚生労働省の集計で19日までに分かった。いずれも過去最高を更新。公的保険でカバーされない患者負担は平均約73万円に上り、重い心臓病の治療では400万円を超すケースもあった。

 先進医療は、自由診療と保険診療を併用する「混合診療」の一つ。厚労省は混合診療の拡大策として、患者の希望に基づき未承認薬などの使用を認める新制度を4月に始めるが、所得により受けられる医療に格差が生じる恐れもあると言えそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.