天気予報を見る
 
新聞購読申込

医療費の不支給取り消し、千葉/ワクチン接種後障害

2016/01/15 21:52

 千葉県は15日、2006年当時生後5カ月で3種混合ワクチンを接種した後、急性脳症を患い、今でも後遺症で重い障害がある県内の男児(9)について、医療費などの不支給処分を不服として両親が出した審査請求の結果、「接種と健康被害の因果関係が否定できない」として処分を取り消す裁決をしたと発表した。裁決は12日付。

 県によると、男児は06年12月、百日ぜき、ジフテリア、破傷風の混合ワクチンを接種し、8日後に急性脳症になった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.