天気予報を見る
 
新聞購読申込

未受診妊婦、増加に歯止め/大阪府「相談窓口が効果」

2016/01/14 06:01

 予期せぬ妊娠などにより定期的な妊婦健診を受けず、出産間近に病院に駆け込む「未受診妊婦」の人数が、医療機関と連携して全国で初めて相談窓口を開設した大阪府内で2年続けて減少し、歯止めがかかっていることが14日、大阪産婦人科医会の調査で分かった。

 2012年の307人をピークに13年は285人、14年は262人。調査を委託した大阪府は「相談窓口に効果があった」と分析。同様の窓口は北海道、東京都のほか、神奈川、静岡、兵庫、福岡、佐賀の各県でも設置が進んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.