天気予報を見る
 
新聞購読申込

がん登録、業務開始/国立がん研究センター

2016/01/08 17:04

 国立がん研究センターに開設された、がん登録センターに看板を掛ける堀田知光理事長(左)と厚労省の福島靖正健康局長=8日、東京都中央区
 国立がん研究センターに開設された、がん登録センターに看板を掛ける堀田知光理事長(左)と厚労省の福島靖正健康局長=8日、東京都中央区

 国内でがんと診断された人の数や治療の経過を把握し、今後の対策に役立てる「全国がん登録」制度が始まり、国立がん研究センター内に8日、情報の集約と分析を担うがん登録センターが開設された。研究センターの堀田知光理事長らが看板を掲げた。

 昨年までは都道府県が集計する「地域がん登録」が行われてきたが、届け出は任意で、実態が完全には把握できなかった。そのため、診断数や診断時の進行度、治療内容など、予防や早期発見の対策を評価するための基礎となる情報は推計に頼っていた。

 今月1日に施行されたがん登録推進法では、全国約8500の病院と一部の診療所に登録を義務付けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.