天気予報を見る
 
新聞購読申込

レム睡眠が学習促進の脳波強める/マウスで発見、筑波大など

2015/10/23 03:01

 夢を見るときの浅い眠りである「レム睡眠」によって、学習や記憶の形成を促進する特定の脳波が強まることを、筑波大などのチームがマウスで見つけ、22日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。アルツハイマー病やうつ病など脳波の低下がみられる病気と、睡眠の関連を調べるのに役立つという。

 チームは、脳で睡眠と覚醒に関わるとされる部位を調べ、レム睡眠とより深いノンレム睡眠を切り替えるスイッチ役をしている神経細胞を発見した。この神経細胞の働きを人工的に操作できるマウスを開発し、レム睡眠を減らすと学習や記憶の形成に関わる脳波が弱まり、レム睡眠を増やすと脳波が強まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.