天気予報を見る
 
新聞購読申込

マンモ検診45歳から、米/がん協会、年齢引き上げ

2015/10/22 17:13

 【ワシントン共同】全米がん協会は21日までに、これまで40歳から毎年受診することを推奨していたマンモグラフィーによる乳がん検診を、45歳からに引き上げるとする新指針を発表した。

 協会は「さまざまな研究成果文献を分析した結果で、検診を行うことの利点と欠点のバランスを取った」と説明している。引き続き本人が希望すれば40歳からの受診も認め、55歳からは隔年に1回でよいとした。

 日本乳癌学会が定める診療指針は、40歳からのマンモグラフィー検診を推奨。独自に日本人の症例などを調べた文献などで調査しているため、日本での検診のあり方にすぐには影響しないとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.