天気予報を見る
 
新聞購読申込

インフルワクチン出荷できず/化血研、確認作業終わらず

2015/10/15 18:30

 熊本市の化学及血清療法研究所(化血研)が、今季のインフルエンザワクチンを出荷できずにいることが、15日分かった。厚生労働省は「未出荷が続くと、全国的にワクチンが不足するおそれもある」としている。

 化血研によると、有効性を調べる国の検定に合格済みのワクチン450万本(大人900万人分)が出荷できていない。

 厚労省は6月、国の承認と異なる方法で血液製剤を製造したとして、化血研に出荷の差し止めと製造工程の確認を指導。この影響で、9月からワクチンの製造工程も確認し、国に報告することになった。一連の作業が終わらなければ出荷できず、「めどは立っていない」と化血研。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.