天気予報を見る
 
新聞購読申込

ローム、ときめきセンサーを開発/心理状態を検知

2015/10/09 18:04

 ロームが開発した「ときめきセンサー」。アニメ(上)と実物(下)の異性から告白を受け、手で握ったセンサー内蔵の機器を通じて、どちらにときめいたかを調べる=6日、千葉市の幕張メッセ
 ロームが開発した「ときめきセンサー」。アニメ(上)と実物(下)の異性から告白を受け、手で握ったセンサー内蔵の機器を通じて、どちらにときめいたかを調べる=6日、千葉市の幕張メッセ

 ロームは、どきどきする心理状態を検知できる「ときめきセンサー」を開発した。指先の血管の伸び縮みを光センサーで解析する仕組み。千葉市の幕張メッセで開催中の展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2015」で体験できる。

 アニメと実物の異性と対面し、それぞれから「好きです!」と告白を受ける。手で握ったセンサー内蔵の機器を通じて、どちらにときめいたかを調べる。体験した来場者は「めちゃくちゃ照れくさい」「キュンとした」と笑顔で話し、最新の技術を楽しんでいた。

 ベンチャー企業「テクマク」の技術を使い、血管の動きから感情の変化をとらえることが可能になった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.