天気予報を見る
 
新聞購読申込

抗がん剤投与後2人死亡/添付文書を改訂

2013/11/28 19:19

 厚生労働省は28日、大腸がんや肺がんなどに使われる中外製薬の抗がん剤アバスチン(一般名ベバシズマブ)の投与後に副作用とみられる血小板の減少や腎機能障害で2人が死亡したと発表。同省の指示に基づき中外製薬は、症状が現れた場合には投与を中止するよう添付文書の使用上の注意を改訂した。

 2010年4月から今年6月の間に、血小板が減少して内出血や貧血、腎機能障害などの症状が出る「血栓性微小血管症」が疑われる報告が6人であり、うち直腸がんの60代と70代の男性計2人が死亡した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.