天気予報を見る
 
新聞購読申込

米FDA、遺伝子検査停止を要求/誤結果の懸念

2013/11/27 09:45

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は26日までに、一般の人から唾液を入れた遺伝子検査キットを送ってもらい、病気のリスクを予測する米カリフォルニア州の遺伝子検査会社「23アンドミー」に対し、誤った結果が出る恐れがあるとして検査事業停止を求める警告書を出した。

 同社は、両親から生まれてくる子供の身体的特徴や病気のリスクを予測する手法の特許を取得し、望ましい子どもを生む「デザイナーベビー」につながりかねないとの倫理的懸念も出ている。

 警告書は22日付。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.