天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

食器洗浄機にカビ、注意を/高温繁殖、調査で確認

2013/06/01 17:18

 食洗機で最も多く見つかったカビ「エクソフィアラ・デルマチチジス」(大阪市立自然史博物館提供)
 食洗機で最も多く見つかったカビ「エクソフィアラ・デルマチチジス」(大阪市立自然史博物館提供)

 食器洗浄機内では温かい所を好むカビが繁殖しやすい―。大阪市立自然史博物館の浜田信夫外来研究員がこんな調査結果を1日までにまとめた。カビの病原性は低いとみられるが「食器を通じて体内に入り、免疫力が落ちているときには感染症になる可能性もある。気付いたら殺菌を」と注意を呼び掛けている。

 浜田さんによると、カビは低温で湿度の高い環境で増えやすく、28度前後が繁殖の適温。食洗機では通常、55度以上の温水を使い、乾燥機能もあり、カビは増えにくいと考えられてきた。

 調査では大阪府内134世帯で、食洗機の洗浄水を採取し、庫内を拭き取って分析。約87%の食洗機でカビが見つかった。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.